2017年7月18日火曜日

smith hard 180

今回はスミスハード180の解説です。




まず、スミスグラインドと180ができることが前提です。
スミスグラインドをするときにリアタイヤを奥にかけるとグラインドが安定するので、断然回りやすくなります。

スミスグラインドをかけたときに荷重はハンドルバーにかける感じで、上に飛ぶ力を貯めておきます。
そして貯めた力を使い、ポゴ180と同じ要領で前輪と後輪を同時に引き上げながら回り始めて、その後腕も伸ばしハンドルを前に押し出す感じでフロントを刺しながら回ります。

この回るときに最初は恐怖心で足が離れてしまう人が多いと思います。
ここでいかにバイクから体が離れずに耐えるかが重要となります。

この動画ではフラットのレッジで解説してますが、練習するならアップレッジが一番やりやすいと思います。
ある程度の落差がないと最初は回りづらいと思うので、タイヤの高さぐらいのレッジがやりやすいかなと思います。まああまりに高すぎても恐怖心が出てくるので程よい高さで練習することをオススメします。

  

0 件のコメント:

コメントを投稿